八重山 甲子園経験なしもV ベンチ入りした3年生20人全員が出場

[ 2020年8月3日 05:30 ]

沖縄大会・決勝   八重山4―2未来沖縄 ( 2020年8月2日    名護 )

 春夏の甲子園に出場経験がない八重山が59校の頂点に立った。兼島兼哲監督は「あまり練習時間もない中で優勝した実感はない」と語りながらも笑みを浮かべた。

 打線が5回に鮮やかな集中打を見せた。4回まで無安打に抑えられていた中で4安打を集中して4点を先取。計4投手のリレーでリードを守った。八重山勢では06年の八重山商工以来となる頂点。ベンチ入りした3年生の20人全員が出場し、指揮官は「(選手が)今までにない歓喜の声を上げていた」と目を細めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月3日のニュース