日本ハム・栗山監督 2回無失点でも4四球の輝星に不満「らしくないだろ、投げっぷりが」

[ 2020年3月7日 05:30 ]

オープン戦   日本ハム0―3阪神 ( 2020年3月6日    甲子園 )

18年8月21日、全国高校野球選手権決勝で投げる金足農・吉田
Photo By スポニチ

 日本ハムの栗山監督は「超原点」と評し、あえて甲子園の阪神戦に登板させた吉田輝について「吉田輝星らしくないだろ、投げっぷりが」と不満を口にした。

 2年前の夏のような投球を期待しただけに2回無失点でも4四球の内容に「あのマウンドで投げられることに喜び勇んで、うまくいかなくても楽しんで投げる躍動感を求めているわけだから」。現時点で先発、中継ぎの役割は明確に決まっていないが、開幕1軍について「考えるよ」と話し、今後の登板で判断することになる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月7日のニュース