ヤクルト・石川 3年ぶり開幕指名には「ブルブルと震えた」 7日に本拠地登板で“予行” 

[ 2020年3月7日 05:30 ]

練習するヤクルトの石川
Photo By スポニチ

 ヤクルト・石川は7日のロッテ戦(神宮)で先発予定。今季初の本拠地登板でもあり、20日の阪神との開幕戦へ向けた予行演習となる。

 神宮外苑での練習でキャッチボールなどで汗を流した左腕は「しっかり、シンプルに回の先頭を打ち取るということを心掛けたい」と話した。3年ぶり9回目の大役だが、40歳3カ月は球団史上最年長。高津監督から指名を受けた時は「ブルブルと震えた」。新監督に初勝利を贈るため、準備を進める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月7日のニュース