巨人・モタ 連続三振「8」でストップも2の0 元木ヘッド「頑張っているが…」

[ 2020年3月7日 19:15 ]

オープン戦   巨人4―4オリックス ( 2020年3月7日    京セラD )

<オ・巨>5回、遊ゴロに倒れたモタはガックリ(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 育成から支配下登録されたイスラエル・モタ外野手(24)が2打数無安打。2打席連続初球を打ちにいったが、打撃不振脱出とはならなかった。

 3日の日本ハムとのオープン戦から8打席連続三振を喫した前日は、今季最短で交代を命じられた。この日は「9番・左翼」で先発し、3回に荒西の初球スライダーを三飛。5回も初球で遊ゴロに倒れた。左翼の守備では4回に打球を後ろにそらし、単打ながら打者走者を三塁まで進めるミスもあった。

 元木ヘッドコーチは「頑張っているが、みんな頑張っている。モタだけじゃない。そういう(特別な)目で見てはダメ」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月7日のニュース