阪神・西勇 8安打許すも要所締め5回無失点「今は結果より内容を重視」

[ 2020年3月7日 05:30 ]

オープン戦   阪神3―0日本ハム ( 2020年3月6日    甲子園 )

<神・日>先発した阪神の西勇(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 開幕投手に決定している阪神の先発・西勇が、5回無失点と貫禄の投球を展開した。西川、大田、近藤、王柏融、ビヤヌエバら主力が並ぶ日本ハム打線相手に、8安打を浴びながらも要所を締めた。

 「ところどころ、良いところもありましたね。良いところもあったし、悪いところも出ていた。今は結果より内容を重視しているので。テーマを持ってマウンドに上がって、それができたのはよかった。できなかったところもありましたけど」

 淡々とした口調が、頼もしさを帯びた。直球、スライダー、シュートなど多彩な球種をストライクゾーンの四隅に散りばめ、打者をほんろう。甘く入った球を痛打されても、最後の一線は守った。最大のピンチと言えた5回無死一、三塁も近藤を1―6―3の併殺に料理。最後は王柏融(ワン・ボーロン)をこの日の最速144キロ直球で見逃し三振に仕留め、締めくくった。

 「あと1試合、あと1週間で、いろんなことをやりたいと思います。もう一つ、やりたいこともありますし」

 次回登板予定の13日・オリックス戦で最終調整し、20日のヤクルトとの開幕戦に向かう予定。矢野監督も「逆にすごいね。8本打たれてゼロに抑えるという。西に関しては任せておいて、何も心配ない」と改めて全幅の信頼を寄せた。(惟任 貴信)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月7日のニュース