レイズ・筒香 変化球苦戦で3打数無安打も「シーズンで打つための準備が一番大事」

[ 2020年3月7日 02:30 ]

オープン戦   レイズ2―1パイレーツ ( 2020年3月5日    ポートシャーロット )

4回、二直に倒れベンチへ戻るレイズ・筒香
Photo By 共同

 レイズ・筒香はメジャー通算78勝をマークしている相手先発の左腕ホランドの変化球に苦しんだ。カーブとスライダーを軸に攻められ、初回は二ゴロ。4回には外角球を捉えたが、二直に倒れた。

 「3番・DH」で出場し、3打数無安打に終わったが「シーズンで打つための準備が一番大事。打球方向とか結果がどうこうとかは、今の段階では何もない」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月7日のニュース