ヤクルト・村上 離脱後初の守備も軽快「1軍の試合に向けて頑張りたい」

[ 2020年3月7日 05:30 ]

三塁の守備に就くヤクルト・村上
Photo By スポニチ

 下半身のコンディション不良で2軍調整中のヤクルト・村上が6日、離脱後初めて守備に就いた。埼玉・戸田での教育リーグ楽天戦に「4番・三塁」で出場。「久しぶりだったので最初は凄く変な感じがした」と話したが、5回に三ゴロを難なく処理した。初回2死二塁では中前打で3打数1安打1打点。

 「凄く大きな一歩。1軍の試合に向けて頑張りたい」と見据えた。池山2軍監督は「これ以上悪くならなければ1軍に渡してもいいくらい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月7日のニュース