阪神・北條 再合流、即逆襲の2安打!開幕遊撃スタメン必ず!

[ 2020年3月7日 05:30 ]

オープン戦   阪神3―0日本ハム ( 2020年3月6日    甲子園 )

<神・日>7回2死、北條は吉田輝から中前打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 1軍再合流を果たした阪神の北條が、逆襲の2安打を放った。まずは5回1死一、三塁からの第2打席。変則右腕の鈴木健が1ボール2ストライクから投じた4球目の内角速球に反応した。コンパクトなスイングで確実に捉えると、左前で弾むタイムリー。オープン戦4試合8打席目での初安打初打点となった。

 「オープン戦も少なくなってきたので、集中して1打席、1打席を無駄にしないようにやっていく。(無観客でも)いつもやっていることを出すだけ」

 無観客という状況に一抹の寂しさを感じながらも集中力を維持して結果を残した。7回2死からの第3打席でも快音を響かせる。吉田輝が投じた甘い速球を中前に運んだ。

 実戦での打席数を増やすため、春季キャンプ終了後に2軍へ合流。前日5日には大商大とのプロアマ交流戦に先発出場し、矢野監督が視察に訪れる中、7回の左越え3ランを含む2安打4打点で格の違いを見せつけていた。試合後にはバットを携え室内練習場へと向かっていた。連日の奮闘ぶりに、指揮官も高評価した。

 「キャンプの最後ぐらいにコウスケ(福留)にもちょっとアドバイスをもらったりしながらね。それがいい結果になってね。練習の内容自体も良くなっていた。最初のタイムリーも価値があったし、もう1本打ったというのもまた価値がある」

 狙うはもちろん、開幕スタメンしかない。遊撃のポジションを争う相手は木浪。熾烈を極めるが、現状の打撃状態はライバルを上回る。加えて、開幕投手を務めるヤクルト・石川との通算成績は24打数7安打の打率・292。木浪は3打数無安打と、データも背番号2を後押ししている。自身3年ぶり2度目の名誉へ。まだまだ猛アピールを続けていく。(山本 浩之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月7日のニュース