阪神ドラ2・井上 1軍合流前に英才教育!教育リーグで初4番、タイムリーも

[ 2020年3月7日 05:30 ]

<神・中>試合を終え、大山(右)とハイタッチする井上 (撮影・平嶋 理子)                                           
Photo By スポニチ

 猛虎の大砲に育て上げるべく、英才教育が始まった。阪神ドラフト2位の井上(履正社)が6日の教育リーグ・中日戦で、プロ入り後初めて4番でスタメン起用された。5打数1安打で快音連発とはいかなかったが、4回1死満塁の好機で二塁手の左を破る右前2点適時打。“4番打者”としての第一歩を刻んだ。

 「初めて4番を打つことで、試合のキーマンというか(走者を)かえさないといけないバッターということが改めてわかった。かえす場面がたくさんあったのにかえせていないので、次に4番に座ることがあれば仕事を果たせるようにしっかりとやっていきたい」

 「3番三塁」で先発した大山の後ろを任された。次打者席から見る先輩の姿は「追い込まれても簡単に三振せず、粘ってヒットにされていた」と勉強になった様子。自身の適時打にも「満塁なので、最低でも外野フライでいきたかった。まだ差されている」と課題を分析した。7日からいよいよ2日間限定で甲子園デビュー。平田2軍監督からは「村上(ヤクルト)みたいになってもらわないと」と送り出された。

 「結果を気にせず、少々のボール球でも自分のタイミングで自分のスイングをしたい」

 同時に1軍に合流するドラフト4位の遠藤(東海大相模)とともに、矢野監督からは「お客さんがいない中で野球やるってのも、逆に後からすごくいい経験になるかもしれない。本人たちが自分自身で何か感じてくれたら」と期待された。聖地は無観客でも、メディアの向こう側の虎党を興奮させる確かな足跡を残してみせる。(北野 将市)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月7日のニュース