楽天・大地 地元静岡で絶好調9打数5安打1打点!「準備ができた」

[ 2020年3月7日 05:30 ]

オープン戦   楽天3―1中日 ( 2020年3月6日    静岡 )

5回、ロメロの適時打で生還しハイタッチをかわす鈴木大(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天新加入の鈴木大が持ち前のユーティリティー性を発揮した。3回に右前打を放つと続く5回は左翼線二塁打。現時点で2番の有力候補で、初回無死一塁では送りバントも成功させた。地元・静岡でのオープン戦は、3試合で9打数5安打1打点と絶好調。

 三塁で先発したが、6回からは移籍後初めて左翼の守備にも就いた。危なげなく飛球を処理し「監督と話をして可能性がゼロではないということだった。いい準備ができた」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月7日のニュース