阪神新外国人・ボーア 極端シフト敷かれ無安打も「米国でもあらゆるシフトをされてきた」

[ 2020年3月7日 05:30 ]

オープン戦   阪神3―0日本ハム ( 2020年3月6日    甲子園 )

<神・日>2回、遊ゴロに倒れるボーア(撮影・成瀬 徹)       
Photo By スポニチ

 左打者の阪神新外国人ボーアが日本ハムに極端なシフトを敷かれた。

 「4番・一塁」で甲子園デビューも2打数無安打1四球。2回は三塁を空けて内野手4人が右寄りに守る中、中前に抜けそうなゴロが遊撃・石井の正面へ。空振り三振の4回は遊撃・石井が左翼を守り、外野手が4人で「気づいたが気にはならなかった。米国でもあらゆるシフトをされてきたので外野手4人も経験があるよ」と話した。

 ▼日本ハム・栗山監督(ボーアに極端なシフトを敷き)傾向が出ているからね。やれることはやれるうちに、やっておこうということ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月7日のニュース