西武・ニール 要所締めた4回1/3 4四死球も崩れず「2週間あれば調整、準備するには十分」

[ 2020年3月7日 05:30 ]

オープン戦   西武1―2広島 ( 2020年3月6日    マツダ )

<広・西>粘りの投球を見せたニール (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 来日2年目で初の開幕投手を務める西武・ニールは4回1/3を5安打2失点にまとめた。「(捕手の)森とシーズンに向けて考え方をすり合わせた。試す中でいい投球ができた」。初回2死一、二塁では松山を外角スライダーで見逃し三振。「登板間隔が空いていて制球がばらついた」と4四死球も要所で崩れなかった。

 無観客の試合には「多くのファンがいればアドレナリンも出る。気持ちの入り方も違うし、不思議な感覚だった」とニール。本拠地で迎え撃つ20日の日本ハム戦へ「2週間あれば、しっかり調整、準備するのには十分な時間だ」と自信を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月7日のニュース