打球直撃で緊急降板の楽天・松井 右手掌打撲の診断

[ 2020年3月7日 21:02 ]

<オープン戦 楽・中>初回 ビシエドの強烈な打球を右手に受ける楽天・松井 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天は7日、松井裕樹投手(24)が静岡県内の病院で診察を受け「右手掌(しょう)打撲」と診断されたと発表した。

 同日の中日とのオープン戦(静岡)に先発し、初回2死三塁でビシエドが放った痛烈な打球を捕球できず、右手首付近を直撃。わずか2/3回、12球で緊急降板し、病院に直行した。

 昨季、セーブ王に輝いた左腕は今季6年ぶりに先発転向。開幕2戦目の21日・オリックス戦(楽天生命)の先発が有力視されていた。幸い利き腕ではなく状態を見ながら復帰を目指すが、影響が心配される。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月7日のニュース