日本ハム・有原 順調調整、内容ある58球2安打4Kも反省忘れず

[ 2020年3月7日 05:30 ]

オープン戦   日本ハム0―3阪神 ( 2020年3月6日    甲子園 )

<神・日>日本ハム先発・有原(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 日本ハム・有原が順調な調整ぶりを見せた。阪神とのオープン戦に先発して5回途中まで2安打4奪三振。予定通りにイニング途中で走者を残して交代し、2番手のルーキー・鈴木健(JX―ENEOS)が連打されて失点2が記録されたが内容ある58球だった。

 それでも「まだ、抜ける球やコントロールできない球がある」と反省も忘れず。守備陣が開幕へ向けて極端なシフトを試す中での投球にも「打者を抑えることに集中しているので気にならない」と平然としていた。エース右腕は13日のDeNA戦を経て20日の開幕・西武戦に向かう。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月7日のニュース