巨人・岡本 7試合連続安打で打率.333も「今の結果に一喜一憂はないです」

[ 2020年3月7日 05:30 ]

オープン戦   巨人0―1オリックス ( 2020年3月6日    京セラD )

<オ・巨>9回、岡本を見つめる原監督(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 巨人の岡本が7試合連続安打をマークした。7回無死で山岡から3球で簡単に追い込まれながらも粘り、8球の138キロカットボールを捉えて中前打。9回はリクエストでファウル判定となったが、左翼線に痛烈な打球も放った。

 オープン戦は打率.333と好調も「今の結果に一喜一憂はないです」とキッパリ。不動心の23歳が、打線の中心に座る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月7日のニュース