広島・大瀬良 主力ズラリ西武打線を5回零封!「昨季よりはいい形できている」

[ 2020年3月7日 05:30 ]

オープン戦   広島2―1西武 ( 2020年3月6日    マツダ )

<広・西>先発の大瀬良 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 2年連続2度目の大役へ、視界良好だ。広島・大瀬良が6日の西武戦(マツダ)でオープン戦3度目の先発。主力が名前を連ねる敵の強力打線を5回3安打零封し、万全の仕上がりを披露した。

 「結果が出てくれたので、まずは良かったかな…と。捉えられた打球は少なかったし、走者を置いて粘り強く投げられたのは収穫」

 言葉通り、走者を置く場面で本領を発揮した。山川、外崎の打ち取った打球が相次いで内野の間を抜けた2回無死一、二塁では、中村をスライダーで三ゴロ併殺。4回無死一塁でも中軸の森、山川、外崎を低めのカットボールで打ち取った。

 「ここぞの場面で、ある程度制球できている。フォークでもフライアウトやゴロアウトが取れた。昨季よりはいい形できている」

 無観客で実施された本拠地で初のオープン戦。「不思議な感じ。やっぱり僕らはファンの皆さんの声援で成り立っている。早くプレーする姿を見せたい」と願う開幕投手に、佐々岡監督は「順調に調整してくれていると思う」と目を細めた。

 次回13日のソフトバンク戦が開幕前の最終登板。「例年(オープン戦は)悪いので(順調すぎて)不安なところはあるけど、早い段階で(制球を)思うように操れているので、もう少し精度を高められると思う」。3・20中日戦へ、大瀬良を包む春の風は暖かい。(江尾 卓也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月7日のニュース