阪神・ガルシア、4回に乱れる…山口にも痛打浴び3失点

[ 2019年8月18日 14:29 ]

セ・リーグ   巨人ー阪神 ( 2019年8月18日    東京D )

<巨・神(19)>4回1死一、三塁、増田への投球がファウルとされ、顔をしかめるガルシア(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 3回まで巨人打線を無失点に抑えていた阪神先発のガルシアが4回に先制点を奪われた。

 4回1死一、二塁から増田大にチェンジアップを拾われ、左中間2点三塁打を許すと、なおも2死三塁で投手の山口にも左翼線二塁打を浴び、この回3点を失った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月18日のニュース