履正社、5回に逆転!初回3点ビハインドも「これからだぞ」 4番井上、6回満塁一掃二塁打

[ 2019年8月18日 18:48 ]

第101回全国高校野球選手権 準々決勝   履正社―関東一 ( 2019年8月18日    甲子園 )

<関東第一・履正社>6回2死満塁、履正社・井上は左翼線に3点適時二塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 4試合連続、しかも連投で先発した履正社の左腕清水が初回3ランを浴びるスタート。「負けん気はボクよりも強い」と4番井上も認めるエースがつかまった。夏は履正社にとっても初めての準々決勝の舞台。だが、目指すのは、もっと上。「これからだぞ」。ベンチからの声も1オクターブ上がった。

 「きのうは食事が終わってから、関東一に対戦相手が決まったので、集合して、みんなでビデオを見ました。そのあと、ちょっと素振りをして、備えました」

 反撃はその井上から始まった。桃谷二塁打で築いた2死二塁から中前適時打。120キロスライダーを無理せず弾き返した。これで今大会8打点。2回には池田の中適時打で迫ると、5回には井上四球などで1死満塁と攻め、内倉の右前打、西川の中犠飛で、逆転に成功した。

 6回には2死満塁から走者一掃の左二塁打。前日の1試合5打点に続いて、この日も4打点。井上のバットは止まらない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月18日のニュース