明石商、夏は初のベスト4進出 中森が自己最速151キロ!八戸学院光星を接戦で下す

[ 2019年8月18日 11:01 ]

第101回全国高校野球選手権大会 準々決勝   明石商7―6八戸学院光星 ( 2019年8月18日    甲子園 )

<八戸学院光星・明石商> 明石商の3番手で登板した中森(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 第101回全国高校野球選手権大会は18日に準々決勝を行い、第1試合では明石商(兵庫)が7―6で八戸学院光星(青森)を下し、春夏連続でベスト4に進出。序盤で6点を奪い、8回に相手投手の暴投で得た1点が決勝点となった。3番手で投げた中森(2年)は自己最速の151キロをマーク。再三のピンチをしのいでチームを夏の甲子園では初の4強に導いた。

 明石商は6―6で迎えた8回1死2、3塁から3番・重宮(3年)のスクイズは外されたが、このあと八戸学院光星の3番手・山田(3年)の暴投で三走・来田(2年)が生還。これが決勝点となった。背番号1の中森(2年)は7回2死2、3塁の場面で三番手として登板。2番・島袋(3年)を自己最速となる151キロの速球で一邪飛に仕留めた。8回には先頭の3番・近藤(3年)に左越えの二塁打を打たれて1死1、3塁のピンチを背負ったが速球主体のピッチングでこれをしのいだ。中森は先発した1回戦の花咲徳栄(埼玉)戦以来、中7日での登板。9回も1死2塁から後続を絶って勝利に貢献した。

 明石商は初回、1死から水上(3年)の四球を足場にしてクリーンアップの3連打で先制。さらに甲子園初登板となった八戸学院光星の先発・下山(3年)を攻め立てて、6番の福井(2年)がスクイズを決めて3点目を入れた。2回には4番・安藤(3年)の大会第38号となる右中間への3ランで6―1とリード。追いつかれたものの、最後は振り切った。八戸学院光星には昨夏の1回戦で延長10回の末に8―9で敗れていた宿敵に雪辱し、春の選抜に続いて4強入りを果たした。

 八戸学院光星は序盤劣勢だったが徐々に反撃。3回には明石商先発の左腕・杉戸(3年)から2つの四球と犠打で1死2、3塁としたあと、5番・大江(3年)の中前タイムリーで2点を入れた。5回にも無死満塁の好機を築き、大江の適時打と敵失で2点を追加。7回には下山が明石商二番手の溝尾(3年)から押し出しの四球を選んで6―6の同点に追いついた。しかし後半で競り負けて準々決勝で敗退。最後まで健闘したがあと一歩及ばなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月18日のニュース