関東第一4年ぶり8強 土屋がサヨナラ呼ぶ好救援「今日は自分の良さが出せた」

[ 2019年8月18日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会11日目 3回戦   関東第一7―6鶴岡東 ( 2019年8月17日    甲子園 )

力投する関東第一の土屋
Photo By スポニチ

 関東第一(東東京)が7―6で鶴岡東(山形)にサヨナラ勝ちし、4年ぶりの準々決勝進出。8強入りを決めた。

 7回から登板した土屋が強打の鶴岡東打線を5回1安打無失点に抑える好リリーフを見せ、サヨナラ勝ちを呼び込んだ。

 「ずっと我慢、我慢と心の中で考えた。今日は自分の良さが出せた」。常日頃の練習から終盤を意識してきた成果を存分に発揮。「校歌を歌っている時に涙が出た。チームが勝ってまたこの仲間と戦える」と喜んだ。

 18日の履正社戦へ「自分達は束になって、やってきたことをやるだけ」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月18日のニュース