阪神 6回に反撃 5番・糸原内野安打で1点返す

[ 2019年8月18日 15:08 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2019年8月18日    東京D )

<巨・神>6回2死一、三塁、二塁適時内野安打を放つ糸原(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 猛虎打線が4点劣勢の6回に反撃を開始した。1死から木浪がこの日2本目の安打で出塁。福留が四球で歩くと4番・マルテの代打・ソラーテが併殺崩れで2死一、三塁となり、5番・糸原の一塁内野安打で1点を返した。続く大山も四球を選び、満塁のチャンスをつくったが高山は空振り三振に倒れて、さらに追い上げることはできなかった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月18日のニュース