日本ハム・栗山監督 4番・清宮に代打も…延長10回サヨナラ機逃す「勝ちきれず反省」

[ 2019年8月18日 21:00 ]

パ・リーグ   日本ハム4―4楽天 ( 2019年8月18日    札幌D )

<日・楽>8回無死、安打を放った清宮(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 今季最長5時間15分の死闘も今季5度目の引き分け。勝率5割復帰はお預けとなり、日本ハムの栗山監督は「監督の立場としては勝ちきれなかったことを反省する。しっかり勝ちきらせてあげたかった」と厳しい表情で振り返った。

 延長10回に先頭の近藤が変則左腕・高梨から左中間への二塁打を放って無死二塁。指揮官は4番・清宮を迎えた場面で代打バント要員として谷内を選択。この意図について「もともと(5番の右打者)ナベ(渡辺)で勝負をしようと思って代打(谷内)を行かせた。左打者はあとの打者を見てもノー感じだった。三塁に置けば相手にプレッシャーがかかるから何か起こると思った。うちに右の代打もいないし、ナベでは勝負しないとは思ったけど、あそこまで形を作るべきだと思った。暴投でも失策でも点が入るから」と説明した。

 しかし、谷内が2球バント失敗で送れず死球で歩くと、渡辺、王柏融、石井と3者連続三振に倒れてサヨナラ機を逃した。延長12回無死一塁では、近藤の痛烈なゴロが一塁手正面で一ゴロ併殺打となる不運もあり、最後は本拠デビューとなったドラフト4位・万波が遊ゴロに倒れて試合終了。延長10回に代打を送られた清宮は「バントならしようがないけど、もちろん打ちたい気持ちはあった」と4番として代打を送られたことを悔しがった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月18日のニュース