巨人ゲレーロ来日初犠打「サイン通り、忠実にやることが大事」

[ 2019年8月18日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人4―2阪神 ( 2019年8月17日    東京D )

6回無死一、二塁、ゲレーロは犠打を決める(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 巨人・ゲレーロが通算1059打席目で来日初犠打を決めた。6回無死一、二塁で初球を捕手前に転がし「サイン通り、忠実にやることが大事。いいバントが決められて良かった」。

 キューバリーグに在籍していた09年以来の犠打で原監督も「素晴らしいバントでした」と称えた。3点を追加した7回には、左翼フェンス直撃の適時二塁打を放った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月18日のニュース