【市川いずみの届け夏エール】兄の分まで…高岡商・堀君「やれることはやった」夢の続きはプロで

[ 2019年8月18日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会11日目 3回戦   高岡商4-9履正社 ( 2019年8月17日    甲子園 )

堀君の兄・圭吾さん
Photo By スポニチ

 兄の思いを背負ってプレーした高岡商の堀裕貴君は「やれることはやった」と爽やかに聖地を後にしました。兄・圭吾さんは高校入学後に腰椎分離症を患いプレーすることができなくなりました。「悔しそうな姿が今も忘れられない」。気づけば兄の夢だったプロの世界が自分の夢になっていました。

 “専属コーチ”はいつも羽打ちに付き合ってくれます。今大会は思うように結果が出ない裕貴君に昨秋の富山県大会でサヨナラ弾を放った時の動画と「頭の位置を意識して」というアドバイスが届きました。その甲斐もあって履正社戦では左前に快打。普段は辛口な兄も「よう頑張ってくれた」と一塁アルプスから拍手を送っていました。敗戦後は「後輩の前では泣けない」と悔しさを堪えつつ、今後については「プロ志望届けを出します」と堂々宣言しました。

 裕貴くんにとって、それはあくまで通過点で夢は大きく米大リーグ選手になること。そのために小学6年までは英会話にも通う本気度です。「まずはプロ野球選手になって甲子園に戻ってきます」。公言する強さを持つ裕貴君、秋に2人の夢がかないますように――。

 ◆市川 いずみ 京都府出身のフリーアナウンサー。山口朝日放送時代に高校野球の実況で「ANNアナウンサー賞最優秀新人賞」を受賞。高校野球検定に合格し、自宅に甲子園の土を飾るほど生粋の高校野球好き。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月18日のニュース