首位・巨人を支える宮本投手総合コーチ、いつも遠征先で髪を切るワケ

[ 2019年8月18日 08:45 ]

巨人・宮本投手総合コーチ
Photo By スポニチ

 巨人・宮本投手総合コーチはおしゃれだ。チームが遠征の際は、基本的にはスーツでの移動が慣例となっているが、男性ファッション誌「LEON」のような着こなし。いつもかっこよく決まっている。ヘアカットも、きっと行きつけがあるのだろうと思いきや、意外にも、地方で髪を切ることが多いという。

 「自分でネットで探して予約するんだよ。遠征のナイターの試合の昼間に行くことが多いかな」

 訪れるのは、初めての店ばかり。「だいたい、行くとびっくりされるけれどね」と笑う。なぜ地方で、しかも初めてのところばかりなのか。その理由は「美容院って情報の宝庫なんだよ。おいしいお店とか教えてもらうんだよ」。情報収集、コミュニケーションを重視する宮本コーチらしい答えだ。

 ユニホーム姿のときも、ベンチで投手と積極的に話し込んでいる姿を多く見る。今季から入閣した宮本コーチは「僕の思っていることと、選手の思っていることにずれがあっちゃいけない」。対話して、選手を知ることに時間を費やしてきた。投手陣からは「とてもやりやすいです」の声があがる。

 シーズン残り40試合を切り、首位に立つ巨人。今季は勝利の方程式を完全に確立できてはいないが、その都度その都度で状態のいい投手を見極め、起用することで、勝利を重ねてきた。その裏には、宮本コーチの存在が大きいはずだ。(記者コラム・青森 正宣)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月18日のニュース