楽天・浅村 34打席ぶり安打は特大の同点2ラン「よく入ってくれた」

[ 2019年8月18日 17:30 ]

パ・リーグ   日本ハム―楽天 ( 2019年8月18日    札幌D )

<日・楽>7回2死二塁、同点となる2点本塁打を放つ浅村(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 楽天・浅村栄斗内野手(28)が、18日の日本ハム戦(札幌ドーム)で8試合ぶりとなるアーチを放った。2点を追う7回2死二塁。2ボール1ストライクから、甘く入った128キロのスライダーを完璧にとらえた打球は広い札幌ドームのバックリーンへと吸い込まれた。

 今季26号2ランは試合を振り出しに戻す貴重な同点弾となり「よく入ってくれましたね。追いつけて良かったです」とコメント。8月10日のオリックス戦(楽天生命パーク)の初回に放った右翼線への二塁適時打を最後に、33打席連続で無安打だった。

 無安打の間も申告敬遠を含む8四球を選んでおり、3打数無安打だった17日の試合後に「四球は選べているので、その中で1本出れば変わると思う」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月18日のニュース