中京学院大中京 3戦連続逆転勝利の原動力は「根性と気合、そして練習」

[ 2019年8月18日 15:22 ]

第101回全国高校野球選手権 準々決勝   中京学院大中京6―3作新学院 ( 2019年8月18日    甲子園 )

<中京学院大中京・作新学院>8回無死満塁、逆転の満塁本塁打を放ち、雄叫びを上げて生還する中京学院大中京・元(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 初戦から3試合連続の逆転勝利だ。中京学院大中京は5回に1点差に迫ると、8回に3四球を選んで無死満塁から、元が逆転満塁本塁打を放った。

 橋本哲也監督は逆転勝利が続くチームの原動力を問われると、「根性と気合、そして練習です」と3原則を強調。時代が令和に変わっても、大事なものは変わらないと訴えていた。

 チームで徹底しているのは「凡打を生かす」こと。打ち取られた後、何が悪かったのか、どうすべきだったのかを、選手各自が考え、次の打席、次の試合で修正することを習慣づけている。失敗の積み重ねから得るものは多いことが、逆転勝利のヒントかもしれない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月18日のニュース