西武、獅子おどし打線が天敵・千賀を攻略 9試合連続2桁安打でパ記録王手

[ 2019年8月18日 05:30 ]

パ・リーグ   西武13―8ソフトバンク ( 2019年8月17日    メットライフD )

2回2死一、二塁、右越えに3ランを放つ栗山(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 西武が誇る「獅子おどし打線」が天敵の千賀を打ち崩した。2回に打者12人の猛攻で一挙9得点。けん引したのはベテランの栗山だ。6点を入れ、なお2死一、二塁から右越え7号3ラン。「追い込まれていたが良い打撃ができた」。これが、令和に入ってプロ野球1000号となった。

 千賀には今季2試合計14回で無得点に封じられていた。150キロ超えの直球が4球続き、1―2から甘く入ったフォークを捉えた。「変化球も頭に入れながら直球が来たらどう打とうか、と考えていたら打つことができた。ラッキーだった」。この回1死の第1打席でもフォークを右前に運び、口火を切った。

 1試合3安打、4打点はともに今季初。チームは13安打13得点で9試合連続の2桁安打とし、03年につくった球団記録に並んだ。「みんなが集中して力を発揮しようとしている表れ」と栗山。首位ソフトバンクとの初戦を制し、4ゲーム差。18日も2桁安打なら79年阪急、92年日本ハムに並ぶ10試合連続のパ・リーグ記録だ。勝って決める。 (武本 万里絵)絵)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月18日のニュース