関東第一 延長11回サヨナラ8強 誕生日の米沢監督へ「最高のプレゼント」5番平川V打

[ 2019年8月18日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会11日目 3回戦   関東第一7-6鶴岡東 ( 2019年8月17日    甲子園 )

延長11回2死一、三塁、サヨナラ打を放ち、ガッツポーズの関東第一・平川((撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 関東第一が米沢貴光監督の44歳の誕生日を白星で飾った。6―6で迎えた延長11回2死一、三塁。この日3番から5番に変わった平川が右前へサヨナラ打。「感触が手に残っている。最高のプレゼントになった」と喜んだ。

 試合前のアルプスへのあいさつではナイン発案のサプライズで吹奏楽部がハッピーバースデーの曲を演奏。ナインは白星を贈ろうとしぶとく食らいついた。2点を追う7回に3連打で再び同点。7回から登板した土屋も5回無失点と好投した。6番から3番に上がった渋谷は昨夏の小園(報徳学園)に続く史上29人目の1試合個人最多二塁打3本を含む5安打をマーク。サヨナラのホームを踏み「頭が真っ白」と興奮気味に話した。

 打順変更がズバリと的中した指揮官は「誕生日にここにいられるのは選手のおかげ」と笑顔。サヨナラで行方不明と思われたウイニングボールは渋谷が保管しており、試合後の宿舎で贈られた。一致団結ムードを高め、初優勝を目指し、18日は履正社(大阪)戦に臨む。(松井 いつき)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月18日のニュース