仙台育英 1年生バッテリーが救世主!木村6回同点スクイズ&笹倉9回ピンチでピシャリ

[ 2019年8月18日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権大会11日目 3回戦   仙台育英4-3敦賀気比 ( 2019年8月17日    甲子園 )

力投する仙台育英・笹倉(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 帽子が飛ぶ。こん身のガッツポーズだ。絶体絶命の大ピンチを救ったのは、仙台育英のスーパー1年生・笹倉の左腕だった。

 「ああいう場面はいつも以上に強く投げられる」

 4―3で迎えた9回1死三塁。途中出場していた笹倉が一塁の守備からマウンドへ。いきなり四球を出したが、自己最速145キロを計測。「あの四球で感覚をつかんだ」。守っていて相手打者が内角に対応できていないことも察知。内角を攻めて4、5番を左飛と空振り三振に抑えた。

 その安定した投球フォームは同じスーパー1年生の高知・森木から学んだ。秀光中教校3年だった昨夏、全国中学軟式野球大会決勝で森木のいた高知中にタイブレークの末に1―2で敗戦。「1点の重みを森木に教えられた」そうで、安定性の習得に取り組んだ。当時からバッテリーを組む1年生捕手・木村が同点スクイズ。1年生パワーが2年ぶりのベスト8へ導いた。

 準々決勝の相手は星稜。秀光中教校は11年の東日本大震災後、星稜中と交流を続ける縁もある。「奥川さんは次元が違う」。そう言いながら、笹倉は全力で投げ合うつもりだ。(秋村 誠人)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月18日のニュース