ソフトB 6連敗でストップ、長谷川今季初安打が逆転2ラン 楽天4位後退

[ 2019年7月21日 21:02 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―2楽天 ( 2019年7月21日    楽天生命パーク )

<楽・ソ>6回2死一塁、長谷川が逆転2ランを放つ(撮影・西海健太郎) 
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが楽天を逆転で下し、連敗を6で止め、後半戦初勝利を挙げた。

 2回、内川の6月20日以来となる9号ソロで先制。直後に追いつかれ、5回に勝ち越されたが6回2死からデスパイネが振り逃げで出塁すると、長谷川が今季初安打となる逆転1号2ランを左越えに放った。9回にも1死二塁から甲斐の左前適時打で1点を加えた。

 投げては先発ミランダが5回途中2失点と粘ると、2番手以降を松田、モイネロ、椎野、森、甲斐野が無失点リレーでリードを守った。

 楽天は一度は勝ち越したものの、先発石橋が6回に逆転2ランを浴びた。打線も7回1死満塁で浅村が併殺打に倒れるなど好機を生かせず連勝は3で止まった。西武と入れ替わって4位に後退した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月21日のニュース