巨人・桜井 広島戦初先発で1失点好投「誠司さんのおかげ」

[ 2019年7月21日 22:17 ]

セ・リーグ   巨人1―2広島 ( 2019年7月21日    マツダ )

<広・巨>力投する先発の桜井(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・桜井は広島戦初先発で、7回5安打1失点と好投した。初回に西川に先頭打者弾を浴びたが、以降はテンポよくストライクを投げ込み、無失点に抑えた。「攻めるというのがテーマだった。(小林)誠司さんのおかげでいい投球ができた。去年だったり、マツダでやられてという試合が多い中で、こういう投球ができたのは自信になる」と手応えを口にした。

 宮本投手総合コーチは「連敗中に先発というのは気持ち的にプレッシャーのかかるところ。よく頑張りました。本当に褒めてあげたい」と評価した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月21日のニュース