【西東京】早実“レジェンド2人の後輩”伊藤 エースの役割果たし8強進出

[ 2019年7月21日 14:00 ]

第101回全国高校野球選手権 西東京大会5回戦   早実2―0都東村山西 ( 2019年7月21日    府中市民 )

<西東京大会 早実・都東村山西>力投する早実の先発・伊藤(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 レジェンド2人の系譜はダテじゃない。早実のエース伊藤大征投手(3年)が都東村山西の前に立ちふさがった。9回途中でマウンドを東海林碧波(3年)に譲ったものの、無失点投球でチーム3戦連続完封での8強進出に貢献した。

 「最後は自分の悪い癖が出てしまったけど、東海林が抑えてくれた。今年の投手陣は全体的に安心感があるので」と伊藤は試合後笑みをこぼした。140キロを越える直球を軸に、快進撃を続けてきた都東村山打線を黙らせた。初回2死三塁を空振り三振で切り抜けると、以降は危なげない投球で失点を許さない。9回に2四球で1死一、二塁として降板したが、エースの役割をしっかり果たした。
 兵庫出身。田中将大(ヤンキース)も所属した宝塚ボーイズでプレーしたが「勉強もできて野球も強い。格好いいイメージがあったので」と進学先を早実に決めた。06年夏の甲子園決勝戦で対戦した駒大苫小牧・田中、そして早実・斎藤佑樹と“2人の後輩”になったことには「あの決勝で戦った2人の後輩になれたのは自分だけ。幸せなこと」と胸を張る。

 身長1メートル70の体を目一杯に使ったフォームからの直球は威力十分。24日の準々決勝は強豪・国学院久我山が相手だが「これまで悔しい思いをしてきた。神宮で1勝1勝積み重ねていきたい」と意気込む。1年からベンチ入りしている右腕も甲子園出場はない。最後の夏。偉大な2人の先輩が輝いた聖地まで、あと3勝で手が届く。(牧田 大一)

 ≪福太郎は2打数2三振≫日本ハム清宮の弟で注目の福太郎(1年)は「8番・左翼」で先発出場も、2打数2三振で5回の守備からベンチに下がった。初戦の都小平西戦で4打数2安打2打点の鮮烈デビューも4回戦の都田無工戦に続く2戦連続無安打。それでも和泉監督は「対応力がある子だし、この経験を次につなげてくれる」と期待した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月21日のニュース