パナ、5投手で2安打完封 初登板3Kの鈴木「僕だけ打たれるわけには」

[ 2019年7月21日 05:30 ]

第90回都市対抗野球大会第8日 3回戦   パナソニック2―0日本製鉄鹿島 ( 2019年7月20日    東京D )

<日本製鉄鹿島・パナソニック>力投するパナソニック・鈴木(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 パナソニックは5投手による散発2安打の完封リレーで6年ぶりの8強に進出した。今大会初登板の鈴木は3番手で2回1/3を無安打3奪三振。3戦合計1失点の投手陣に「みんな抑えている。僕だけ打たれるわけにはいかない」と汗を拭った。

 今季から投手リーダーを務める25歳右腕は自己最速タイ147キロも計測し、ホッとした表情だった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月21日のニュース