楽天 巨人からトレード加入の和田恋が昇格即スタメン起用「自分らしくプレーしたい」

[ 2019年7月21日 16:46 ]

<楽・ソ>和田恋は「6番・一塁」に入り、初回、守備位置に向かう(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 巨人から楽天にトレード加入した和田恋外野手(23)が21日、移籍後初めて1軍に昇格した。この日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)で「6番・一塁」で合流即スタメン起用された。

 8日の入団会見後は2軍で調整を続け、20日のイースタン・リーグのヤクルト戦(神宮)では2打席連続本塁打を含む4打数3安打4打点と大当たりだった。この試合後、1軍昇格を伝えられ「嬉しかったですね。緊張するとは思うけど、自分らしくプレーしたい」と表情を引き締めた。

 昨季はイースタン・リーグで本塁打王&打点王の2冠を獲得した右の長距離砲だ。将来的に中軸を担える可能性があり、古川侑利投手(23)との交換トレードで移籍。平石監督は「2軍であれだけ結果を出しているのでね。スタート(先発)で見てみたい。打撃技術の高さを持っている選手なので、遠慮せずに思い切りやってくれればいい」と期待を口にした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月21日のニュース