西武・中村 左足自打球直撃で交代 17日に続き…「ほぼ同じところ」

[ 2019年7月21日 21:22 ]

パ・リーグ   西武10―3オリックス ( 2019年7月21日    メットライフD )

<西・オ>8回1死、自打球を足に当て倒れる中村 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 西武・中村剛也内野手(35)が8回の第4打席で、左足甲の部分に自打球を当てて途中交代した。

 2ボール1ストライクからの4球目がファウルとなり、左足を直撃。そのままベンチに下がってアイシング治療などを受けた。中村に代わって佐藤が代打に送られた。

 中村は17日のロッテ戦でも自打球を当てており「ほぼ同じところ。ボール半個分ぐらいかな。前の方が痛かった」。試合後は「多分大丈夫だと思いますよ」と話して帰りの車に乗り込んだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月21日のニュース