【徳島】1回戦3試合が雨天順延 鳴門―鳴門渦潮は今大会3度目

[ 2019年7月21日 12:30 ]

第101回全国高校野球選手権 徳島大会1回戦 ( 2019年7月21日    オロナミンC球場 )

オロナミンC球場で行われる予定だった高校野球徳島大会1回戦は中止に
Photo By スポニチ

 21日に1回戦3試合(鳴門―鳴門渦潮、徳島科学技術―城之内、池田―名西)が開催予定だったが、雨天のため順延が発表された。

 第一試合の鳴門―鳴門渦潮は18日、20日に続いての雨天順延となった。この日は明朝から降りつづける雨によるグラウンドコンティションの不良で、2時間遅れの11時30分開始予定だった。だが開始予定時間に近づくにつれて雨脚が強まり、高野連は試合開催の不可を判断。ここ5日間で3度目の雨天中止となった。「鳴門ダービー」を見届けるべく、オロナミンC球場には日曜日ということもあってか多くの観衆が詰めかけ、降りしきる雨の中で試合開始を待ち続けたが叶わなかった。

 鳴門の森脇稔監督(48)は「30年ぐらい指導してきてこれだけ中止が続いたのはは初めて。これもまた良い経験ですよ」と前向きに話し、「試合の間が空くので。どれだけ序盤で失点につながるミスをしないか」と翌日に決まった4度目の仕切り直しの一戦に向けて、気を引き締めた。

 順延となったこの日の3試合は、明日21日に行われる。開始時間予定は以下の通り。

 第一試合 鳴門―鳴門渦潮 11時  第二試合 徳島科学技術―城之内 13時20分  第三試合 池田―名西 15時40分  (いずれもオロナミンC球場)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月21日のニュース