日本ハム、連勝ストップで5割逆戻り 清宮3戦ぶり先発も快音なし

[ 2019年7月5日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム2―8西武 ( 2019年7月4日    札幌D )

8回無死二塁、左飛に倒れた清宮(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・清宮が3試合ぶりに先発出場も3打数無安打。8回の左翼へ大飛球はフェンス手前で失速したが「打席の中ではいい感覚だった」と振り返った。

 出場試合の連続三振は6で止まったが、これで17打席連続無安打(11三振)。打率は・198と2割を切った。連勝が2で止まり、勝率5割に逆戻りとなった栗山監督は「今の状況を考えたら一試合一試合、目いっぱいやっていくしかない」と厳しい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース