ソフトB・二保、プロ入り初の先発勝利で8連勝!「8連勝できるように頑張って投げました」

[ 2019年7月5日 21:34 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6―2オリックス ( 2019年7月5日    ほっと神戸 )

先発・二保のピッチング(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが14安打6得点で快勝し、昨年8月以来となる8連勝を飾った。先発の二保は、6回100球を投げて、3安打1失点の好投を見せ、今季初勝利がプロ入り初の先発勝利となった。

 二保は「先発で僕だけ勝ってなかったので、昨日の千賀のいじりですけど皆からあおられていました。7連勝していたので、プレッシャーを感じないように8連勝できるように頑張って投げました」と話した。

 オリックス・山本との投げ合いになったことについては「良いピッチャーなので、1点でも少なくということを心掛けて試合に臨みました」とし、自身の投球に関しても「調子自体は良くなかったんですけど、思い切ってストライクゾーンで勝負することをテーマに1点を取られても、その後は点を取られてないように一生懸命食らいつきました」と振り返った。3回に1点失ったが4回に一挙4点の援護をもらったことについては「1点取られた後だったので、その後は自分の中で『絶対勝つんだ』という気持ちで気合いが入りました」と語った。

 チームは今季初の8連勝となったが「先発と中継ぎ陣もそうですが、野手の皆さんが守って、打ってくれているのでピッチャー陣は助かっています」と野手へ感謝。

 最後に「今日は熱い声援ありがとうございました。明日は、大竹が良いピッチングをして9連勝できると思うので、明日も応援よろしくお願いします」とメッセージを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース