阪神メッセ、痛恨スクイズ失敗 矢野監督「サイン見落としやね」

[ 2019年7月5日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2―7DeNA ( 2019年7月4日    横浜 )

<D・神>2回1死一、三塁、メッセンジャー(右)がスクイズのサイン見逃し。三走・高山が三、本間に挟まれアウトに
Photo By スポニチ

 阪神のメッセンジャーにとっては投球以上に悔やまれたかもしれない。1―2の2回1死一、三塁で迎えた打席。初球に一塁走者・木浪、三塁走者・高山が同時にスタートを切った。サインが出ていたことは明らかな場面でボール球を見送り、高山が三本間で挟殺された。矢野監督は「サインの見落としやね」とメッセンジャーの“ミス”だったことを明言した。

 状況を考えれば、スクイズだったことは確実。結果的にはワンバウンドしたフォークで、バットに当てるのは難しかったかもしれない。それでも清水ヘッドコーチは「サインミス。できるできないは別にしてサインは分かっていてほしかった」と顔をしかめた。

 投手とはいえ、セ・リーグでは打席に立つ。技術的な問題はともかく、最低限やるべきことはやることをキャンプから徹底してきた。逆転された直後の攻撃にすぐ追いついていれば、後の展開が変わった可能性はあった。

 中15日の間隔を空けて仕切りなおした本業でも波に乗れない。初回に先制点をもらいながら直後に2死一、二塁からロペス、宮崎の連続適時打であっさり逆転を許した。3、5回にも加点されて5回4失点で6敗目。6月4日のロッテ戦で挙げた3勝目を最後にちょうど1カ月にわたって白星がなく、日本通算99勝目が遠い。

 「交流戦ではいい投球ができていたんで、15日も空いたことは、嫌は嫌だったけど…」

 先発陣の中核を担う者として言い訳にはできない。本来の安定感がない現状を矢野監督は「こういう感じじゃないというのは俺らももちろん分かっているし、本人らしさを早く出してくれたらなと思う」と復調を望み、「いつまでもランディに頼るっていうのもね。やっぱり若いやつが追い越していくっていうところも必要やし、そこに負けないようなランディもいてくれるっていうのが理想」と奮起を促した。(山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース