ナショナルズが4連勝 ここ9戦8勝で貯金は今季最多の4 独立記念日に花火と祝砲

[ 2019年7月5日 12:10 ]

ナ・リーグ   ナショナルズ5―2マーリンズ ( 2019年7月4日    ワシントンDC )

ワシントンDC、ポトマック川で打ち上げられた花火(AP)
Photo By AP

 米国の首都ワシントンDCを本拠にしているナショナルズは4日、ホームでマーリンズを5―2で下して4連勝。今季は最大で12の借金(12勝31敗)を背負っていたが、ここ16戦で13勝、9戦で8勝を挙げて45勝41敗として貯金は今季最多の4となった。

 この日は独立記念日とあってワシントンDCでは様々なセレモニーが行われ、夜空には花火が上がった1日。その“祝砲”に応えるかのように、6番のカート・スズキ(35)が2回に10号ソロを放ってチーム記録となっている連続本塁打は18試合に更新した。球宴に出場する3番のアンソニー・レンドーン(29)も4回に20号ソロ。4季連続で20本以上の本塁打を記録した。敗れたマーリンズは32勝53敗。この3連戦ではスイープ(全敗)を喫し、チームは4連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース