オリ福田がV打 ミス挽回「とにかくがむしゃらでした」

[ 2019年7月5日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス4―2ロッテ ( 2019年7月4日    京セラD )

<オ・ロ>5回1死二塁、右越え適時三塁打を放った福田(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックス・福田は三塁ベース上でガッツポーズした。同点の5回1死二塁から小島のカットボールを捉えて決勝の右越え三塁打。「あの場面は、とにかくがむしゃらでした」。球種やコース、狙いを絞ったようで絞っていない。キャプテンの汚名返上にかける思いが決勝打になった。

 2点リードの5回にミスが出た。1死一塁から二塁前方へ弱々しく飛んだ鈴木の飛球を「大事に捕ろうと両手でいった」結果がファンブル。その後、同点を許して一度は田嶋の勝ち星を消しかけた。「完全に僕の失策。捕ったら、ゲッツーで0点で終わっていた。田嶋に申し訳ない」。だからこそ5回の勝ち越し機は燃えた。「本当は行きたくなかった」。殊勲のお立ち台も当初は拒否。広報に促されて向かったほどだ。

 104球を要して5回2失点(自責0)で降板した田嶋は「もっと長い回を投げたかった」と反省。球数が増えたことで守備のリズムを悪くしたと感じ、「エラーも僕がカバーしないといけない」と2勝目にも喜びは半減だった。

 この双方が補い合う気持ちが尊い。5位・ロッテに勝ち越して1・5差へ接近し、前半戦中の最下位脱出へ望みが出てきた。球宴まで残り6試合はソフトバンク、楽天が相手。西村監督は「9連戦は何が何でも勝ち越すと、みんなでやっている」と気合十分だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース