巨人・若林、DeNA今永撃ち3号同点弾 右打席初アーチに「ちょっと自分でもビックリ」

[ 2019年7月5日 21:20 ]

セ・リーグ   巨人8ー4DeNA ( 2019年7月5日    東京D )

お立ち台で丸ポーズの(左から)山口、若林、丸(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 セ・リーグ首位の巨人が5日、本拠地東京ドームでのDeNA戦に8-4で勝利。6連勝で首位固めへ貯金を今季最多の14に伸ばした。

 打線はハーラートップタイの8勝を挙げているDeNA先発の今永に4回まで無安打に封じられていたが、中盤に息を吹き返した。

 0-0の5回、1死から5番のビヤヌエバが四球で出塁すると、続く6番・若林が3号2ランを放ち、試合を振り出しに戻した。

 フルカウントから今永が投じた8球目ストレートをはじき返し、左スタンドへ。「当たった感じがよかったんで、力がないんで入るかな、どうかな…っていう思いで見ていたんですけど、入ってくれてよかったです」と振り返った。

 「まっすぐが速いので、とにかくバットに当てようという気持ちでいました」と粘っての8球目。スイッチヒッターの若林は右打席では初の本塁打となり「ちょっと自分でもビックリしているので、ホームランを狙わずにまたしっかりやりたいと思います」と謙虚に話した。

 球宴前最後の9連戦の半ば。交流戦後は全勝しているが「まだまだ厳しい試合が続くと思いますが、熱い声援をよろしくお願いします」と本拠地のファンへ呼びかけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース