楽天・下水流の新天地デビューは2打数無安打

[ 2019年7月5日 21:42 ]

<楽・日>8回無死、三直に倒れる代打・下水流(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 広島からトレードで楽天に移籍した下水流昂外野手(31)が、チーム合流初日の5日に日本ハム戦(楽天生命パーク)でいきなり新天地デビューした。入団会見を終えると、1軍登録されてそのまま試合前の練習に参加。ベンチスタートとなったが、8回裏の先頭で代打で登場した。

 初球からフルスイングして左翼線を抜けそうな鋭い打球を飛ばしたが、相手三塁手の好守に阻まれ三直となった。そのまま右翼の守備に就き、9回の2打席目は空振り三振。試合前には平石監督から「思い切ってやってくれ」と声をかけられ、「思い切ってフルスイングしたい」と意気込んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース