DeNA・今永 今季ワーストの6回6失点で4敗目 ラミレス監督「4回までは完璧な内容だったが…」

[ 2019年7月5日 22:08 ]

セ・リーグ   DeNA4―8巨人 ( 2019年7月5日    東京D )

<巨・D>6回6失点降板の今永(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAは先発の今永昇太投手が6回を投げ今季ワーストの6失点で4敗目を喫した。

 4回まではひとりの走者も許さなかったが、5回1死一塁から若林に2ランを浴びた。この日許した初安打で同点とされると、6回には4点を失った。ラミレス監督は「4回までは完璧な内容だったが、残念ながらこういう結果になってしまった。流れがいってしまった」と振り返った。

 打線は山口の前に8回までわずか2安打に封じられた。「今日は山口が凄く良かった」と相手右腕を称えた指揮官だが、9回にロペスがこの日2本目となる17号2ランを放ったことには「最後に点が取れたので、この流れを明日のゲームの最初から持って行ければいいゲームができる」と前を向いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース