阪神、糸原&近本先発復帰 1日限定の打順入れ替え?序盤に機能

[ 2019年7月5日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2―7DeNA ( 2019年7月4日    横浜 )

<D・神>5回、打席に向かう2番近本(右)と1番糸原(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 「新」よりも「1日限定」と表現した方がいいかもしれない。前夜に先発を外れた阪神・近本と糸原がそろって先発復帰。それも「1番・糸原」、「2番・近本」という初の並びだった。

 「(近本は)1番の時に1打席目の状態が悪かったから。何となく簡単にやられるってケースが多かったので。(糸原)健斗はなかなかしぶとい打者なので1回入れてみた」

 矢野監督が思い描いた通り序盤は機能した。糸原は4月19日の巨人戦以来の1番で初回に右翼フェンス直撃の二塁打。大山の先制二塁打で生還した。「出塁することは変わらない」と3回先頭でも遊撃内野安打。6月21日の西武戦以来のマルチ安打でチャンスメークした。

 4月5日の広島戦以来8度目の2番だった近本は足で揺さぶった。3回無死一塁からの痛烈な二ゴロでは併殺を狙った大和の一塁悪送球を誘って二塁へ。2死後、三塁・宮崎のグラブを弾いた大山の内野安打では一気に本塁へ突入。アウトのタイミングでも果敢な走塁が再び大和の“送球ミス”を呼び、一時同点の本塁を陥れた。

 「いつも糸原さんがやっていることをできなかった。改めて糸原さんが普段やっていることはすごいな、と」

 確かに進塁打や好機拡大の一打はなかった一方、5回1死では右前へ鋭いライナーを打ち返した。矢野監督は「1本出たところからタイミングの取り方が良くなった感じに見えた」と復調の兆しを見て取り、「明日はちょっと1番に戻してみようかな」と示唆した。5日は3試合ぶりの「1番・近本、2番・糸原」が有力だ。(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース