ソフトB、4回に一挙4点挙げ逆転!オリ先発・山本の対ソフトB戦連続無失点は27回でストップ

[ 2019年7月5日 19:17 ]

パ・リーグ   ソフトバンク―オリックス ( 2019年7月5日    ほっと神戸 )

4回1死一、三塁、松田は中前適時打(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが4回に一挙4点を奪い、逆転に成功。オリックス先発・山本の、開幕から継続していた対ソフトバンク戦の連続無失点記録は27回で止まった。

 ソフトバンクは、1点を追う4回、先頭打者の3番・内川の右前打を足場に1死一塁とすると、グラシアルがライトへ適時三塁打を放ち同点。続く松田宣の中前適時打で逆転に成功。さらに1死一、三塁で甲斐の左前適時打で追加点を挙げると続く高田も中前へ適時打を放ち加点。昨年8月以来の8連勝に向けて大きなイニングとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース