ドジャースが60勝一番乗り ベリンジャーは球宴前に30号に到達

[ 2019年7月5日 14:37 ]

ナ・リーグ   ドジャース5―1パドレス ( 2019年7月4日    ロサンゼルス )

6回に30号ソロを放ったドジャースのベリンジャー(AP)
Photo By AP

 ドジャースが地元ロサンゼルスでパドレスを5―1で下して4連勝。メジャー記録に並ぶホームでの6試合連続サヨナラ勝ちは逃したが、リーグのトップを切って60勝(29敗)に到達した。

 先発左腕の柳賢振(32)は6回を3安打無失点に抑え、ナ・リーグのハーラートップに並ぶ10勝目(2敗)。リーグ1位の防御率は1・73となった。

 4番のコーディー・ベリンジャー(23)は6回にパドレス2番手のローガン・アレン(22)から右越えに今季30号ソロ。今季はすでにブルワーズのクリスチャン・イエリチ(27)が31号を放っているが、球宴前に2人以上が30本以上の本塁打を放ったのは、記録が残っている1961年以降では史上9回目(98年は4人、69年と94年は3人)となった。

 ベリンジャーは打率(・344)、本塁打(30)、打点(71)の3部門ですべてナ・リーグの2位。得点(70)は1位で安打数(106)は3位タイにつけている。

 敗れたパドレスは42勝45敗。8回に1点を返したものの、これで5連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース