阪神・マルテ 球場の空気を一変させる7号ソロ 大瀬良から左翼ポール際に叩き込む

[ 2019年7月5日 19:38 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2019年7月5日    甲子園 )

<神・広>5回無死、マルテは左越えにソロ本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 0―1で迎えた5回にマルテの豪快な本塁打で同点に追い付いた。先頭打者としてで打席に向かうと、2ボールから4球連続ファウルでカウント2―2。ここで、内角高め、見逃せばボールであろう146キロ直球を完璧に捉えて左翼ポール際に放り込んだ。

 6月4日のロッテ戦(ZOZOマリン)以来、約1ヵ月ぶりの7号ソロ。大瀬良にわずか1安打に抑えられていた展開で飛び出した一発は、球場の空気を大きく変えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース