楽天、今季ワースト6連敗でソフトBと5差 平石監督「打開しないと」

[ 2019年7月5日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天3―6ソフトバンク ( 2019年7月4日    ヤフオクD )

初回2死一塁、グラシアルに右越え本塁打を打たれガックリの辛島(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 楽天は首位攻防3連戦で4月27~29日のロッテ戦以来、今季2度目の同一カード3連敗。今季ワーストの6連敗で首位と5ゲーム差まで開き、平石監督は「ズルズル引きずるわけにはいかない。自分たちで打開しないと」と言葉を絞り出した。

 グラシアルには3連戦で3発11打点を許した。初回に2ランを被弾し6回途中5失点で4敗目の辛島は「試合の流れを悪くしてしまった。野手の皆さんに申し訳ない」。平石監督も「対策は考えているけど、いいようにやられている。しっかり話し合っていかないと」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月5日のニュース